スポーツ

スポーツ中のガムの効果や危険性

スポーツ中のガム

スポーツ観戦をしている時にガムを噛んでいる選手を目にすると思います。私自身もスポーツをする際はガムを噛むもしくはマスピースをして競技に臨みます。

スポーツをする際にガムを噛む事によりパフォーマンスを向上させると言われていますが実際のところはどうなのか、危険性はないのかという観点で考えてみましょう。

ガムを噛む事による効果

日本人の感覚からしてみると真剣勝負の場でガムを噛んでいる光景を見ると『態度が悪い』や『不格好だな』と思ってしまうかもしれません。

でもガムを噛む事によりパフォーマンスを上げる効果があります。ゴムを噛んで得られる効果はこちらです。

  • 集中力アップ
  • 筋力アップ

こういった効果を得る事ができます。ひとつずつ理由を解説していきます。

集中力アップ

ガムを噛む時に顎を上下に動かす仕草を繰り返しますね、これを『咀嚼運動』といいます。咀嚼運動を繰り返す事で脳への血流が良くなり集中力が増すと医学的に証明されています。

また一定のリズムでガムを噛む事によりリラックス効果もある様なので集中力やリラックスというメンタルの部分での効果が期待できそうです。

当ブログではメンタル向上についても記事にしています。

選手のメンタルを向上させる指導法

筋力アップ

人間は力をいてる時に歯を食いしばります。ガムを噛む事により『噛む対象物』が存在するので食いしばりやすくなります。それにより筋肉をより効果的に使う事ができ最大筋力を高めます。

ガムを噛んでいなくても力を入れる時に食いしばっている様ですがやはりガムを噛んでた方が食いしばりやすいですよね。

メンタルだけではなくフィジカル面で考えてもガムはスポーツをサポートしてくれます。

物理的な効果

ここまでは医学的な効果を解説しましたがガムを噛む事による物理的メリットも存在します。それはガムの特性による効果です。

普段ガムを噛みながらスポーツをしている人は多いですがこの物理的な効果を意識している人は少ないかと思われます。

ではガムの物理的な効果を紹介していきます。

歯を保護できる

人は力を入れる時に歯を食いしばるとお伝えしましたが、歯を強く食いしばる事を繰り返していると歯同士が研磨されて少しずつすり減っていきます。

たまにスポーツをするくらいなら気にすることはありませんが、スポーツ選手や普段からスポーツをする習慣がある方は少しのダメージが蓄積して年月をかけて重大なダメージを歯に負ってしまう事をがあります。

ガムを噛みながらスポーツをする事で歯へのダメージを軽減する事ができます。上下の歯の間でクッション的な役割をしてくれます。

ドライマウスを防ぐ

スポーツをしているときは呼吸が早くなり発汗をするので、口内が乾いた状態になりやすい環境下です。特に屋外でのスポーツは乾いた風を吸い込む事になるので口内が乾きドライマウスといわれる状況になります。

ガムをスポーツに用いる事でドライマウスを解消できます。人は咀嚼運動をしていると唾液を分泌するので口内が唾液で潤されドライマウスにならずにスポーツを楽しむことができます。

ガムの危険性

ここまではスポーツ中にガムを噛む事で得られる効果を解説してきました。非常に優れた能力を発揮してくれるガムですが、競技中にガムを噛む事による危険性はないのかちょっと心配になりますよね。

では競技中にガムを噛む事による危険性について解説していきたいと思います。

気管に入ってしまう可能性がある

たまに飴やガムを口に含んでてうっかり飲み込んでしまうことはありませんか?日常生活で飴やガムを誤飲してしまうとほとんどが食道を通り胃に送られるケースが多いと思います。ですが、スポーツ中に呼吸が激しい状態で誤飲してしまうとどうでしょう。

気管を開いた状態で激しく呼吸している時に空気と一緒にガムを吸い込んでしまうとガムが気道を塞ぎ呼吸困難になってしまいます。

実際にサッカーの試合でガムが気管に入り込み、呼吸ができなくて倒れ込んでしまった選手がいます。 その時は周りの選手がすぐに気づきガムを吐き出させる事が出来たので一命を取り留めましたが、1人でスポーツしている最中にこの様な事態になってしまったら大変です。

舌を噛んでしまう危険性

ガムを噛んでる際は舌も動かしながら噛む動作をしています。スポーツで激しく動いている最中に舌を噛んでしまうと普段舌を噛んでしまう時より強く噛んでしまう可能性があります。

また接触プレーを伴うスポーツではガムを何気なく噛んでいる時に顔面付近にフィジカルコンタクトを受けてしまうとその衝撃で舌を噛んでしまう危険性があります。

ガムよりもマウスピース

ガムはスポーツをする際にあらゆる効果を発揮しますがその反面、スポーツ中にガムを噛むことは怪我のリスクを負うこともあり、死につながってしまう様な重大な事故も起こりかねません。

私自身もスポーツ中にガムを噛むことがありますが激しく呼吸する様なスポーツやフィジカルコンタクトの多いスポーツをする際にはガムではなくマウスピースを使用する様にしています。

ボクシングなどの格闘技で使用されているイメージが強くですが、最近はパフォーマンス向上の為にサッカー選手や有名NBAプレイヤーも使用しています。

マウスピースは苦しくない

かつてマウスピースは口の中で大きな面積を奪われる為、呼吸がしづらくなり苦しい物が一般的でしたが最近のマウスピースは薄く作られており、ところどこに空気穴を開けてあってデザイン性も優れた物が多くなってきました。

まだ日本では格闘技以外の競技でマウスピースを使用している人は多くないのでマウスピースをする事により一際目立つという効果もあります。

まとめ

スポーツ中にガムを噛むことはあらゆる効果を期待できます。本文中で解説した様にメンタル面での効果やガムによる物理的な効果も望めます。

その反面、運動量の多いスポーツや激しいフィジカルコンタクトのあるスポーツでは危険性も伴います。スポーツによってガムとマウスピースを使い分ける事で危険をさけより効果的なパフォーマンスアップができるのではないでしょうか。